最高の換金率を目指して

man black shirt use phone

クレジットカード現金化サービスとは、クレジットカードのショッピング枠を利用した融資の一種です。総借入額を年収の1/3までと定めた総量規制の影響がなく、すでに融資を受けられなくなった人でも利用出来るため多くの支持を得ています。 黎明期は数少なかったクレジットカード現金化業者ですが、インターネットの台頭と総量規制に伴い、その数は激増し競争が激しくなったことにより換金率相場が出来上がりました。 クレジットカード現金化の換金率相場は、利用するキャッシング枠によって異なることが特徴です。基本的に利用する枠の額が大きくなるほど換金率は高くなります。業者によって多少異なるため一概には言えませんが、20万円以下の枠を現金化する際の相場は約80%、20万から99万円で約90%、100万円以上では95%に及びます。ただし、これは利用者が多い信頼度の高い大手に限った話です。リスクを負って中小業者を利用すれば、もっと有利な換金率を狙うことも可能です。

近年急速にその数を増やしてきたクレジットカード現金化サービス業者ですが、利用者にとって最も気になるポイントは何と言っても換金率の一点でしょう。どれだけ現金化までの時間が早く、接客サービスが良くても肝心の換金率が悪ければ不満しか残りません。ですから利用の際は、換金率を高めるための交渉テクニックが求められます。たとえばこちらが複数枚のクレジットカードを所持していることを最初に告げることは非常に有効です。複数枚のカードを持っている客は、業者にとってはリピートが狙える良客を意味するからです。ただし、現金化する額が少ないと業者にとってもメリットがないので交渉は不調に終わります。複数枚所持していることを匂わせた上で、大きな額を一気に換金する旨を伝えれば95%以上の高換金率を引き出すことも夢ではありません。必要以上の額を現金化してしまっても、すぐ返済すれば金利面での不利がなくなるので大丈夫です。